本文へ移動

ダンビー工法

概要

ダンビー工法は、既設の管きょを非開削で効率的に更生する工法です。 まず、既設管きょ内面上部にスペーサーを設置します。その後、硬質塩化ビニル樹脂製の帯板(ストリップ)をマンホールから既設管きょ内に送り込み、管きょの内面にスパイラル状に巻き立てます。 次に、隣り合うストリップ間を接合用かん合部材(SFジョイナー)でかん合し、連続した管体(ストリップ管)を形成します。最後に、ストリップ管と既設管きょとの空隙に充てん材を注入することで、既設管きょと更生部材とが一体となった更生管(複合管)となり、高い強度と水密性を発揮します。さらに、中央溝部と伸縮部を併せ持つSFジョイナーを使用することにより、更生管は優れた耐震性能を発揮します。
 

施工方法(標準施工)

1.洗浄工

高圧洗浄機により、施工区間の管きょ内の洗浄を行います。 管きょ内に突起物や欠損、浸入水などがある場合は、必要に応じて事前処理を行います。
 

2.スペーサー取付工

充てん材注入用のスペーサーを、アンカーボルトを使って施工区間の管きょの上部に取付けます。注入ホース牽引用ワイヤも、この時に通しておきます。
 

3.製管工

ストリップをマンホールから既設管内に引き込んで、管きょ内にスパイラル状に巻き立て、これを製管機を使ってSFジョイナーでかん合し、連続したストリップ管を形成します。
 

4.充てん材注入工

スペーサーで確保した空間を使って充てん材注入ホースを往復させながら、既設管とストリップ管の隙間に段階的に充てん材を注入します。
 

特長

更生管の特長

  1. 硬質塩化ビニル樹脂なので、耐薬品性、耐摩耗性及び耐久性に優れる。
  2. 耐震性に優れる。
  3. 円形管以外の管きょにも対応可能である。
  4. 新管同等以上に、耐荷能力が増大する。
  5. 新管同等以上に、流下能力が向上する。
  6. 水密性に優れる。
  7. 施工後の管高の変化が少ない。

施工性の特長

  1. 下水を流しながら(供用下)施工が可能 である。
  2. 長距離施工が可能である。
  3. 施工条件に対応する適応性に優れる。
  4. 取付管部の処理が迅速にできる。
  5. 機械製管だけでなく人力製管も可能である。
 

適用範囲

項目
円形
非円形
適用管種
鉄筋コンクリート管きょ等の剛性管
対象管の管径など
800~3000mm
短辺800mm以上 長辺3000mm以下
既設管状況
段差
最大100mm
隙間
最大150mm
屈曲角
標準ストリップ使用時
S形・L形
6°以下の継手部
3°以下の継手部
LL形・LLS形
8°以下の継手部
4°以下の継手部
曲線用ストリップ使用時 S形・L形
12°以下の継手部
6°以下の継手部
曲率半径
標準ストリップ使用時
S形・L形
20mR以上
50mR以上
LL形・LLS形
7DR以上
15BR以上
曲線用ストリップ使用時 S形・L形
5DR以上
10BR以上
下水供用下
水深:既設管径の30%以下かつ40cm以下 流速:1.0m/sec以下
D:既設管呼び径、B:既設管内幅

ダンビー工法に関する詳細はこちらから

2020年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る