本文へ移動

CPS工法

概要

本工法は、カーボン成分を配合した常温硬化特性を持つエポキシ樹脂をガラス強化繊維に含浸させ、 加圧チューブに巻き付け、破損、浸入水等の不良箇所で管内面に圧着硬化させる技術です。 使用する加圧チューブはPVC素材を採用することにより、加圧時の形状安定性に優れ、 最高圧力 0.15 MPa までの内圧に耐えます。使用する全ての加圧チューブにおいて通水断面を設けたことにより、 下水を供用させたままでの施工を可能としました。また、取付管加圧チューブは、 ます径 150 ㎜からの挿入が可能であり、曲管は 90°までを施工可能としました。

適用範囲

管種
鉄筋コンクリート管、硬質塩化ビニル管、鋳鉄管、鋼管、陶管
管径・延長
本管φ150~700mm L=0.4~5.0m
本管φ800~2,000mm L=0.6~1.0m
取付管φ150~200mm L=1.0~5.0m

タイプ別一覧

CWタイプ(大口径管)
特徴
CWタイプは大口径管(主にφ800~)を部分補修する工法です。 大型のパワーチューブを用いてジョイント部などの全周補修を実施することができます。 通水断面を設けているため供用させたままの施工が可能です。
適用範囲
φ800~2,000mm L=0.6~1.0m
CM・CLタイプ(小口径管)
特徴
CMタイプは小口径管(φ200~)を部分補修する工法です。 本管部の不良箇所を短時間・最小範囲で補修することができます。 補修箇所が長部にわたる場合はCL(ロング)タイプを適用します。
適用範囲
φ200~700mm L=0.4~5.0m
CTタイプ(支管部)
特徴
CTタイプは支管部(取付部)を部分補修する工法です。 管ズレや侵入水が発生しやすい接合部を一体(T字型)で補修することができます。
適用範囲
φ200~700mm(本管)
CAタイプ(取付管)
特徴
CAタイプは取付管(桝~本管)を全面補修する工法です。 取付管に多い曲管(90°以下)への対応も可能です。
適用範囲
φ150~200mm L=1.0~5.0m

CPS工法に関する詳細はこちらから

2020年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る