本文へ移動

EPR工法

工法概要

EPS型

φ100~φ800の小・中口径本管を対象に開発された補修技術です。ライニング材を巻付けたホイルチューブを既設人孔より管きょ内へ搬入し、必要な部分を非開削で補修します。ホイルチューブには通水口が設けられており、管路供用中の施工が可能です。
 

エアーモールド型

管径900mm以上の大口径管を対象に開発された補修技術です。 ライニング材を巻き付けた加圧チューブ(エアーモールド)を既設人孔から管きょ内へ搬入し補修箇所に設置後、エアーを充填しライニング材を管路内面に圧着・硬化させます。シンプルなシステムで必要な箇所のみ施工が行なえるとともに、エアーモールド内には通水口が設けられており、管路供用中の施工が可能です。
 

EPL型

小・中口径管を対象としたロングタイプの補修技術です。φ100~φ400までは3m、φ450~φ600までは2mを1回の施工で補修します。ライニング材を巻付けたホイルチューブを既設人孔より管きょ内へ挿入し、必要な部分を非開削で補修します。ホイルチューブには通水口が設けられており、管路供用中の施工が可能です。管路の曲がりや蛇行にも対応し、取付管の施工も可能です。
 

EPF型

本管と取付管の接続部を保護、補強して完全止水するために開発された補修技術です。本管と取付管を一体補修するため、抜群の耐久性を発揮し、取付管のズレやクラックも強固に補修します。薄肉高強度のEPF型は、本管更生後の接合部仕上げにも適用可能です。
 

EPM型

大口径本管(φ800以上)と取付管の接合部分における破損や浸入水に対応する補修技術です。補修材料にはEPSと同じガラス繊維積層パックおよびエポキシ樹脂を使用し、強度、耐久性に優れた工法です。接合部分には管口カバーを取付けることにより管口を保護します。
 

EPI型

人孔と本管の接合部分における破損や浸入水に対応する補修技術です。補修材料にはEPS型と同じガラス繊維積層パックおよびエポキシ樹脂を使用し、強度、耐久性に優れた工法です。本管口部分には管口カバーを取付けることにより、調査・清掃時のワイヤー等による摩耗を防止します。
 

EPR-LS工法(取付管)

ガラス繊維にエポキシ樹脂を含浸させたライニング材を施工現場で硬化させることにより老朽化した下水道管きょを非開削で更生する技術です。施工方法は、施工現場において常温硬化性エポキシ樹脂を含浸させたライニング材を桝から管内に引き入れ、空気圧で既設管きょ内面に圧着後、常温硬化させます。以上により、強度、耐久性に優れた下水道管きょを形成することが可能となります。
 

EPR工法に関する詳細はこちらから

2020年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る